sky so blue

hinakuro.exblog.jp

深イイ話 <マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー>


整理収納アドバイザーの西口 理恵子さんのブログ
<一日一収納>
とても心に響くお話がありましたので
ご紹介させていただきまーす^^



----------------------------------------------------------------------

The Mayonnaise Jar and Two Cups of Coffee
 By Mary Lynn Plaisance

----------------------------------------------------------------------

「マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー」

----------------------------------------------------------------------

When things in your life seem almost too much to handle,
when 24 hours in a day are not enough, remember the
mayonnaise jar and the two cups of coffee.

----------------------------------------------------------------------

忙しい毎日の生活に追われ、一日24時間では足りないと感じるとき、
このマヨネーズの瓶と二杯のコーヒーの話を思い出してください。

----------------------------------------------------------------------

A professor stood before his philosophy class and
had some items in front of him.
When the class began, wordlessly, he picked up a very large
and empty mayonnaise jar and proceeded to fill it
with golf balls.
He then asked the students if the jar was full.
They agreed that it was.

----------------------------------------------------------------------

ある一人の哲学の教授は立ち上がり、
自分の目の前にあるいくつかのものを持って授業に出た。

クラスが始まると、何も言わずに大きな空っぽのマヨネーズの瓶を取り出し、
その中にゴルフのボールを入れ、いっぱいにした。
そして、学生たちにこの瓶はいっぱいかと聞いた。
学生は「いっぱいです。」と答えた。

----------------------------------------------------------------------

The professor then picked up a box of pebbles
and poured them into the jar.
He shook the jar lightly. The pebbles rolled into the open areas
between the golf balls.
He then asked the students again if the jar was full.
They agreed it was.

----------------------------------------------------------------------

それから、教授は小石の入った箱を取り出し、瓶の中に入れ始めた。
瓶を軽く振った。

小石はゴルフボールの間に詰まっていった。
そして、また学生たちにこの瓶はいっぱいかと聞いた。
学生は「いっぱいです。」と答えた。

----------------------------------------------------------------------

The professor next picked up a box of sand and poured it into the jar.
Of course, the sand filled up everything else. He asked once more if
the jar was full. The students responded with a unanimous "yes".

----------------------------------------------------------------------

次に、砂の入った箱を取り出し、瓶の中に入れた。
もちろん砂はスキマに詰まっていった。

そしてもう一度、学生たちにこの瓶はいっぱいかと聞いた。
学生は全員「はい。」と答えた。

----------------------------------------------------------------------

The professor then produced two cups of coffee from under the table
and poured the entire contents into the jar, effectively filling
the empty space between the sand. The students laughed.

----------------------------------------------------------------------

教授はさらに二杯のコーヒーを取り出し、
瓶に注ぎ砂の間のスキマ全てを コーヒーでいっぱいにした。
学生たちは笑い出した。

----------------------------------------------------------------------

"Now," said the professor, as the laughter subsided,
“I want you to recognize that this jar represents your life.”

----------------------------------------------------------------------

笑いが途切れるのを待ち教授は言った。
「さて、君たちにこの瓶は君たちの人生だと気づいてほしい。」

----------------------------------------------------------------------

The golf balls are the important things in life.
Your God, your family,
your children, your health, your friends, and your favorite passions:
things that if everything else was lost and only they remained,
your life would still be full.

----------------------------------------------------------------------

ゴルフボールは人生の中で大切な物、たとえば、君の信じる神、家族、
子どもたち、健康、友達そして何か君が熱くなれる事、全てのものを
失ったとしても、それらさえあれば、君の人生が充実するものなどだね。

----------------------------------------------------------------------

The pebbles are the other things that matter like your job,
your house, and your car.

----------------------------------------------------------------------

小石はそのほかの物、たとえば、仕事、家、車とかね。

----------------------------------------------------------------------

The sand is everything else: the small stuff.

----------------------------------------------------------------------

砂はその他の物、日常的にやっている細々とした事。

----------------------------------------------------------------------

"If you put the sand into the jar first," he continued, "there is
no room for the pebbles or the golf balls. The same goes for life.
If you spend all your time and energy on the small stuff, you will
never have room for the things that are important to you.
Pay attention to the things that are critical to your happiness.
Play with your children. Take time to get medical checkups. Take your
partner out to dinner. Play another 18. There will always be time
to clean house and fix the disposal.

----------------------------------------------------------------------

教授は話を続けます。

もし、君が砂を最初に瓶に入れてしまったら、
小石や ゴルフボールの入る隙間がなくなる。

人生も同じことだよ。

もし君の時間を些細な事に費やしてしまったら、
大切なことに使う時間がなくなってしまう。

何が自分の幸せに必要なことなのか注意しなければいけない。

子供と遊びなさい。健康診断に行きなさい。
あなたの連れ合いと外食に行きなさい。
18歳だったときのように遊び心を持ちなさい。
家の掃除をしたり、ガラクタの始末はいつでも出来るんだから。

----------------------------------------------------------------------

Take care of the golf balls first; the things
that really matter.
Set your priorities. The rest is just sand.

----------------------------------------------------------------------

自分にとって、もっとも大切なもの、ゴルフボールをまず大切にしなさい。
優先順位を付けるんです。そのほかの物は全て、砂ですから。

----------------------------------------------------------------------

One of the students raised her hand and inquired
what the coffee represented. The professor smiled.
"I'm glad you asked.
It just goes to show you that no matter
how full your life may seem,
there's always room for a couple of cups of coffee
with a friend."

----------------------------------------------------------------------

生徒の1人が手を挙げ、コーヒーは何を表しているのですかと聞いた。
教授は微笑んで言った。
「聞いてくれてありがとう。

それはね、人生がどんなに忙しく、余分な時間なんて無いように感じても、
友達とコーヒーを飲む時間はいくらでも作れるもんだ、ということなんだよ」

----------------------------------------------------------------------

Please share this with other “Golf Balls”
I just did……

----------------------------------------------------------------------

このはなしを他の「ゴルフボール」と分かち合ってください 。
私はもう分かち合いましたよ。

----------------------------------------------------------------------





どうでしたか?

私はね、
>家の掃除をしたり、ガラクタの始末はいつでも出来るんだから。
ってとこらへん、
私のことや~(--)と思いました・・・。

掃除もガラクタの始末ももちろん大事。
やらなくちゃ家の中がどえらいことになります。
ただ、それに縛られすぎてたことに気付かされました。
ココ最近、土日の休みはもっぱら家事をこなして終わり、
お子達と遊ぶ~とか友達と出かける~とか
ほぼナシ状態でした・・・・。

マヨネーズ瓶に入れる順番を思いっきり間違えてた。

たまには掃除ほったらかしで
お子達と遊びにでかけよう。
洗濯1回分次にまわして
ランチ食べに行こう。

やっぱ何よりも今は
お子達との時間が宝物なんだから。
[PR]
by hinakuro | 2010-11-15 14:51 | ご紹介